ED治療をあきらめないと決めた男性とED治療の薬や病院

EDは諦めてはいけません。EDのせいで夫婦の仲が冷めてしまったり、浮気につながることもあります。周りにはなかなか相談できなくても、だからと言ってそのまま放っておくのはやめましょう。悩み始めたら早めのED治療をおすすめします。

ED治療とフィンペシアとタダシップの関係

ED治療とフィンペシアとタダシップの関係を見ると、一見ただ並べたような気がするだけになりますが、意外な関係が見えてきます。共通することはすべて男性特有の症状を改善する医薬品です。ED治療にはバイアグラという有名な医薬品がありますが、その後に発売されたシアリスがあります。この医薬品のジェネリックがタダシップです。服用すると持続時間が36時間あることから、デート前に服用し、その持続時間を利用して長時間セックスを楽しむことができます。

フィンペシアはAGA治療薬に用いられる医薬品です。プロペシアが有名ですが、そのジェネリック医薬品になります。薄毛にするジヒドロテストステロンという男性ホルモンが産生されることで引き起こされるのがAGAですが、その産生を抑える効果をフィンペシアが持っています。AGA治療をする場合、原因がこの男性ホルモンになっていますので、これを作らせないことから始めなければなりません。欠かせない医薬品であることがわかるでしょう。

タダシップとフィンペシアはジェネリック医薬品として知られていますが、厳密にいうとそうではありません。特許を無視した模倣品になります。ただ成分は同じですので、日本のクリニックで処方された医薬品と同じ効果を持っています。製造している会社はインドにある製薬会社になり、この国には医薬品の特許の考え方がないことから、このような医薬品を製造することが可能です。それらを個人輸入を通して購入することで、格安の医薬品を入手することができます。

このような共通点がありますが、医薬品であることも共通しています。副作用の問題もありますので、最初の治療はクリニックで診察を受けてから開始することがおすすめです。

page top